市場ニュース

戻る

【材料】ミライアルは小動き、17年1月期最終利益は計画下振れも反応限定的

ミライアル <日足> 「株探」多機能チャートより
 ミライアル<4238>は小動き。15日の取引終了後、集計中の17年1月期連結業績について、純利益が従来予想の5000万円から3000万円(前の期比88.4%減)へ下振れたようだと発表したが、織り込み済みとの見方が強く市場の反応は限定的のようだ。

 一部工場で地盤補修を決定したことに伴い、特別損失として1億7000万円を追加計上したことが要因としている。これに伴い、期末配当予想を従来予想の10円から無配(年間10円)に修正した。

 なお、熊本震災の影響で減少していた売上高が、第4四半期に入り回復の兆しを見せていることから、売上高は従来予想の67億5000万円から70億2000万円(前の期比13.6%減)へ、営業利益は3億7000万円から4億7000万円(同横ばい)へ上振れたようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均