市場ニュース

戻る
2017年01月31日14時10分

【材料】石塚硝が後場急動意、17年3月期最終利益予想を上方修正

石塚硝 <日足> 「株探」多機能チャートより
 石塚硝子<5204>が後場急動意、午後1時頃、17年3月期の連結業績予想について、営業利益を22億円から27億円(前期比9.2%減)へ、純利益を3億5000万円から13億円(同97.3%増)へ上方修正したことが好感されている。

 売上高は概ね計画通りに進捗しているため、従来予想の725億円(同1.2%減)を据え置いたが、グループを挙げてコスト削減に取り組んだほか、諸資材価格が予想よりも低位で推移したことが寄与した。また、為替相場の変動に伴い営業外収益でデリバティブ利益2億5500万円を計上したことや、外貨建資産・負債にかかる為替差損益を見直したことも寄与するという。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(16年3月21日~12月20日)の連結決算は売上高556億7800万円(前年同期比3.2%減)、営業利益28億6300万円(同3.0%増)、最終利益14億6200万円(同46.4%増)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均