市場ニュース

戻る
2017年01月31日12時12分

【材料】危機意識を持った経営に期待しアルパインの目標株価を引き上げ、SMBC日興証券(花田浩菜)

アルパイン <日足> 「株探」多機能チャートより

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

SMBC日興証券はアルパイン<6816>の目標株価の引き上げを発表しています。1/31付け「Opening Bell」にそのレポートが掲載されていますので、ご紹介しますね。

今回の同社の決算発表について、同レポートでは、『17/3期3Q決算発表を踏まえ、業績予想を上方修正する。為替前提と開発費を中心とした固定費想定水準の見直しが主要因』と伝えています。これを受けて、『18/3期予想BPSが切り上がったことを背景に、目標株価を1,400円から1,700円へ引き上げる』としています。

今後については、『北米の純正/市販が弱含みで推移も、欧州の純正が好調に推移するとの見方に変更はない』とのことに加えて、『4月末の17/3期本決算発表時に米谷信彦社長より、現状を踏まえ「中期VISION2020」の見直しがあると弊社では想定しているが、競争条件が大きく変化しつつある現状を踏まえ、危機意識を持った経営方針が示されるかに注目したい』と見解を述べています。

その他に、オリエンタルランド<4661>やキューピー<2809>の目標株価変更についても掲載されていますので、詳しくは1/31付けの「Opening Bell」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均