市場ニュース

戻る
2017年01月31日09時36分

【市況】日経平均は223円安でスタート、NY株安を嫌気して売り先行/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19145.35 (-223.50)
TOPIX  : 1526.06 (-17.71)

[寄り付き概況]

 日経平均は大幅に続落で始まった。30日の米国市場はトランプ大統領による大統領令連発による政治的混乱が嫌気され、NYダウは120ドル超の下落で節目の2万ドルを下回っている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の19175円。円相場は1ドル113円70銭と円高に振れており、幅広い銘柄に売りが先行している。

 セクターでは33業種全てが下げており、海運、銀行、証券、輸送用機器、電気機器、鉄鋼、陸運、空運、不動産、鉱業の弱さが目立つ。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、メガバンク3行、Vテク<7717>、任天堂<7974>、エムスリー<2413>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>が下落。その中でNTT<9432>が小じっかりに推移している。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均