市場ニュース

戻る
2017年01月31日09時23分

【材料】トランスGが4日ぶり反発、「ヒト化マウス」の豪州特許査定を取得

トランスG <日足> 「株探」多機能チャートより
 トランスジェニック<2342>が4日ぶり反発。30日の取引終了後、熊本大学と共同で国際特許出願をしていた「ヒト化マウスの開発」について、オーストラリア特許庁から特許査定を受けたと発表しており、権利化推進による事業拡大への期待感から買いが入っている。

 同特許は、同社と熊本大学生命資源研究・支援センター山村研一シニア教授(同社技術統括担当取締役)のグループで、より有用なモデル動物の創出を目指して、共同研究していた「ヒト化マウス」の研究成果の権利化を図ったもので、日本では既に16年2月に特許が成立している。なお、同件による17年3月期業績への影響はないとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均