市場ニュース

戻る

【通貨】外為サマリー:1ドル114円70銭台を回復、米金利低下一服でドル買い戻しの動き

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 30日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=114円71銭前後と、前週末午後5時時点に比べ50銭程度のドル安・円高となっている。

 欧州時間のドル円相場は下げ渋る展開で、午後4時過ぎには114円70銭台を回復。日経平均株価が引けにかけて下げ幅をやや縮小したことや、時間外取引で米10年債利回りの低下が一服していることを受け、ドルを買い戻す動きが優勢となっている。ただ一方で、日銀金融政策決定会合(1月30~31日)、米連邦公開市場委員会(FOMC、1月31日~2月1日)の結果を見極めたいとのムードもある。

 ユーロは対円で1ユーロ=122円70銭前後と同20銭強のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.0699ドル前後と同0.0020ドル強のユーロ高・ドル安で推移している。


出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均