市場ニュース

戻る
2017年01月30日11時39分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:M&Aキャピ、邦チタ、モノタロウ

M&Aキャピ <日足> 「株探」多機能チャートより
■M&Aキャピ <6080>  3,955円  +700 円 (+21.5%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 27日、M&Aキャピタルパートナーズ <6080> が決算を発表。17年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益が前年同期非連結比3.0倍の12.7億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。前期から持ち越した豊富な案件在庫を背景に、M&Aの成約が大きく伸びたことが寄与。昨年10月に経営統合したレコフの業績好調も収益を押し上げた。上期計画の10.3億円を既に22.4%も上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。

■黒崎播磨 <5352>  394円  +51 円 (+14.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率2位
 27日、黒崎播磨 <5352> が17年3月期の連結経常利益を従来予想の60億円→75億円に25.0%上方修正。増益率が4.1%増→30.1%増に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなっことが買い材料視された。主力の耐火物の販売が想定より伸びるほか、中国企業の買収効果も収益を押し上げる。コスト削減や円安による為替差益の発生なども利益上振れに貢献する。業績上振れに伴い、従来未定としていた今期の期末配当は8円(前期は7円)実施する方針とした。前日終値ベースの予想PERは7.6倍→6.4倍に低下する一方、期末配当利回りは2.33%となったことも支援材料となった。

■SHOEI <7839>  2,455円  +275 円 (+12.6%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 SHOEI<7839>が急反発。同社は27日取引終了後に、17年9月期第1四半期(16年10~12月)の連結決算を発表。営業利益は7億2100万円(前年同期比59.9%増)となり、上半期計画13億1000万円に対する進捗率は55.0%に達した。売上高は32億8700万円(同28.4%増)で着地。国内外をあわせた販売数量が、船積の期ずれなどもあり前年同期比40%増となったことなどが寄与した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

■東邦チタニウム <5727>  905円  +94 円 (+11.6%)  11:30現在  東証1部 上昇率4位
 東邦チタニウム<5727>が寄り付きから買い人気を集め急騰したほか、大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>も急伸するなどチタン関連が一気に水準を切り上げてきた。ここ原油価格だけでなく非鉄など商品市況の上昇が目立っている。世界的な景況感の回復を背景に川上インフレの兆しがみられる状況だ。そのなか、スポンジチタンを手掛ける両社は在庫調整を経て、増産志向にある航空機業界向けの高水準の需要を取り込む可能性が高く、来期以降の業績回復に期待が大きい。なお、東邦チタニウムは27日取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。営業利益を30億円から33億円(前期比15.2%減)へ、最終利益を26億円から29億円(同31.5%減)へ増額していることで、これも強く好感されたかたちだ。同日付で三菱UFJモルガン・スタンレー証券は同社のレーティングを「オーバーウエート」、目標株価1120円で継続フォローしている。

■MonotaRO <3064>  2,835円  +257 円 (+10.0%)  11:30現在  東証1部 上昇率5位
 MonotaRO<3064>が急伸。同社は27日取引終了後に、17年12月期通期の連結業績予想を発表。営業利益は115億9600万円(前期比22.2%増)を見込み、年間配当計画を前期から4円増額の22円としていることが好感されているようだ。売上高予想は842億3900万円(同21.0%増)。利益率の高いプラベートブランド商品の採用を積極的に推進することなどを図るとしている。

■野村総合研究所 <4307>  3,900円  +270 円 (+7.4%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 27日に決算を発表。「10-12月期(3Q)経常は7%増益」が好感された。野村総合研究所 <4307> が1月27日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比1.9%減の444億円となり、通期計画の610億円に対する進捗率は72.9%となり、5年平均の72.7%とほぼ同水準だった。
  ⇒⇒野村総合研究所の詳しい業績推移表を見る

■ユニゾホールディングス <3258>  3,265円  +175 円 (+5.7%)  11:30現在
 ユニゾホールディングス<3258>が急伸。前週末27日取引終了後、17年3月期第3四半期累計(16年4~12月)の連結決算を発表し、売上高は280億3900万円(前年同期比16.2%増)、営業利益は94億6400万円(同15.5%増)と、2ケタ増収増益で着地したことが好材料視されている。ホテル事業は、10月以降稼働率および客室単価ともに弱含んだことに加え、来年度の新規ホテル開業準備関連費用などがかさみ苦戦を余儀なくされた。ただ、不動産事業は、国内で賃料の改定および新規入居獲得に注力したほか、米国の新規取得物件などが寄与し、全体の業績を押し上げた。なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高389億円(前期比20.1%増)、営業利益130億円(同22.6%増)を見込んでいる。

■東光高岳 <6617>  2,291円  +119 円 (+5.5%)  11:30現在
 27日に決算を発表。「4-12月期(3Q累計)経常が6.3倍増益で着地・10-12月期も31%増益」が好感された。東光高岳 <6617> が1月27日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比6.3倍の27.5億円に急拡大し、通期計画の44億円に対する進捗率は4年平均の29.9%を上回る62.6%に達した。
  ⇒⇒東光高岳の詳しい業績推移表を見る

■日立ハイテクノロジーズ <8036>  4,900円  +250 円 (+5.4%)  11:30現在
 日立ハイテクノロジーズ <8036> が急反発し、上場来高値を更新した。27日、同社は17年3月期の連結税引き前利益を従来予想の460億円→520億円に13.0%上方修正。従来の5.3%減益予想から一転して7.1%増益を見込み、一気に9期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。今期業績の上方修正は昨年10月に続き、2回目。3次元NANDメモリーなどの需要拡大を背景に、半導体プロセス製造装置や測定装置の販売が伸びることが寄与。

■日立マクセル <6810>  2,276円  +111 円 (+5.1%)  11:30現在
 27日に決算を発表。「10-12月期(3Q)経常は44%増益」が好感された。日立マクセル <6810> が1月27日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比9.3%減の51.6億円に減ったが、通期計画の56億円に対する進捗率は92.3%に達し、3年平均の86.1%も上回った。
  ⇒⇒日立マクセルの詳しい業績推移表を見る

■デクセリアルズ <4980>  1,284円  +50 円 (+4.1%)  11:30現在
 デクセリアルズ<4980>が大幅4日続伸。岩井コスモ証券が前週末27日付のリポートで、投資判断「A」、目標株価1450円でカバレッジを開始したことが好感されている。同社の17年3月期は大幅減益予想だが、下期に入り収益環境が改善し、通期予想を上方修正した。同証券では、収益の底打ちが確認できたことで、来期業績の急回復を材料視する展開が期待できるとしており、17年3月期営業利益は33億円(会社計画30億円)、18年3月期は同70億円を見込んでいる。

■アルパイン <6816>  1,596円  +59 円 (+3.8%)  11:30現在
 27日、アルパイン <6816> が17年3月期の連結経常利益を従来予想の8億円→59億円に7.4倍上方修正。減益率が87.0%減→4.4%減に縮小する見通しとなったことが買い材料視された。昨年11月からの急速な円安を踏まえ、第4四半期の想定為替レートを1ドル=100円→110円に見直した。円安による輸出採算の改善や為替差益の発生が利益を大きく押し上げる。固定費の抑制に加え、持分法投資利益が増加することも上振れに貢献する。

■アルプス電気 <6770>  3,105円  +90 円 (+3.0%)  11:30現在
 アルプス電気<6770>が大幅高。前週末27日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を7190億円から7430億円(前期比4.0%減)へ、営業利益を380億円から420億円(同19.7%減)へ、純利益を255億円から310億円(同20.6%減)へ上方修正したことが好材料視されている。第4四半期の想定為替レートを1ドル=100円から110円へ、1ユーロ=110円から117円へ見直したことで、主力の電子部品事業やアルパイン<6816>の車載情報機器の収益が上振れする見通し。また、アルパインの固定費抑制も寄与する。なお、同時に発表した第3四半期累計(16年4~12月)決算は、売上高5518億6500万円(前年同期比6.0%減)、営業利益328億4200万円(同26.6%減)、純利益281億9700万円(同24.2%減)だった。

■三越伊勢丹 <3099>  1,344円  +29 円 (+2.2%)  11:30現在
 三越伊勢丹ホールディングス<3099>が4日続伸。27日の取引終了後、自社株取得枠の設定を発表したことを好感する買いが入っている。300万株(発行済み株式数の0.8%)、30億円を上限としており、取得期間は30日から3月31日まで。なお、同社が27日発表した17年3月期第3四半期(16年4~12月)の連結営業利益は前年同期比36%減の196億3700万円だった。衣料品や訪日外国人向け販売が伸び悩んだが、アナリストからは「経費削減は順調に進んでおり、決算内容はニュートラル」との見方も出ている。

●ストップ高銘柄
 博展 <2173>  635円  +100 円 (+18.7%) ストップ高   11:30現在
 ダイトーケミックス <4366>  976円  +150 円 (+18.2%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、3銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

日経平均