市場ニュース

戻る
2017年01月30日09時15分

【材料】カルナバイオが買われる、エピバイオーム社と共同研究契約を締結

カルナバイオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 カルナバイオサイエンス<4572>が買い優勢、2200円近辺でもみ合いを続けていたが、ここを上に放れる兆しをみせている。同社は治療効果が高く副作用に乏しいキナーゼ阻害薬に特化した創薬と、創薬支援サービスを手掛けるバイオベンチャー。27日、米国カリフォルニア州に本拠を置くエピバイオーム社と、マイクロバイオームと呼ばれる細菌叢が関係する疾患を対象に、画期的な医薬品候補化合物の創製を目指した共同研究契約を締結したことを発表、これが材料視された。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均