市場ニュース

戻る
2017年01月27日08時23分

【市況】27日の株式相場見通し=米株高と円安進行を好感し買い先行

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 27日の東京株式市場は、前日の大幅上昇によって短期的な投資環境の改善が鮮明となったことから、外国為替市場で極端な円高・ドル安進行とならない限り、日経平均株価は続伸が想定される。前日の米株式市場で、NYダウ平均株価は3日続伸し、連日で過去最高値を更新した。また、外国為替市場では、前日に比べて円安・ドル高が進行しており、これも買い支援材料となりそうだ。27日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=114円60銭台と、前日に比べて円安・ドル高が進行している。

 26日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比32.40ドル高の2万100.91ドルと3日続伸し、連日の過去最高値更新となった。引き続きトランプ米政権への期待感が根強いうえに、発表が佳境を迎えている米企業の16年10~12月決算の内容が総じて良好なことも買い支援材料となっている。ナスダック総合株価指数は、前日比1.163ポイント安の5655.176と3日ぶりに反落した。

 日程面では、マーケティングクラウドサービスの企画・開発・販売・導入やコンサルティングを手掛けるシャノン<3976>が東証マザーズに新規上場する。このほかに、12月の消費者物価指数に注目。海外では、米10~12月期のGDP速報値、米12月の耐久財受注、EU財務相理事会、中国が春節の休暇入り(2月2日まで)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均