市場ニュース

戻る
2017年01月25日15時00分

【材料】JDIが後場一段高、プラ基盤を用いたスマホ向け5.5型フルHD液晶ディスプレーを開発

Jディスプレ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ジャパンディスプレイ<6740>が後場一段高。この日、プラスチック基板を用いた5.5型フルハイビジョン液晶ディスプレーを開発したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 新製品「FULL ACTIVETM FLEX」は、TFTを形成する基板を従来のガラスに変えてプラスチックを用いることで超薄型化構造を実現するとともに、その柔軟性を生かして曲面形状を容易に形成することができるティスプレー。そのため、顧客のデザインの自由度の可能性を広げることが可能になるほか、落下衝撃による基板の割れを防止するという。また、これまで同社が開発してきた低周波駆動技術を盛り込むことで、通常の60ヘルツ駆動だけではなく15ヘルツまでの低周波駆動にも対応し、消費電力低減をサポートするとしている。

 同社では、この技術を新たなプラットフォーム技術の一つと位置づけ、スマートフォンだけではなく、ノートパソコンや車載製品などへの展開を検討する方針。なお、18年の量産開始を目指しているという。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均