市場ニュース

戻る

【市況】10時35分時点の日経平均は前日比249.64円高、ソフトバンクグの上げが目立つ

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時35分時点の日経平均は前日比249.64円高の19037.63円で推移している。ここまでの高値は9時09分の19133.18円、安値は10時27分の19020.03円。東証一部の売買代金は8000億円台とそこそこできている様子。為替市場では、ドル・円は113円60銭台、ユーロ・円は121円80銭台と朝方比では20銭ほど円高に推移している。一部市場関係者は「上値は重くなっているが、トランプ新政権の不透明感を考慮すると仕方ない」とコメント。

全市場の売買代金上位銘柄では、ソフトバンクグ<9984>、トヨタ自<7203>、SMC<6273>、ファナック<6954>、アルプス<6770>、SUMCO<3436>、JFEホールディングス<5411>が買われている。一方、東芝<502>、日本電産<6594>、KDDI<9433>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均