市場ニュース

戻る

【市況】NY金:反落で1210.80ドル、ドル売り一服でさえない展開に


NY金先物は反落(COMEX金2月限終値:1210.80↓4.80)。1209.10ドルから1223.00ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。連日で100を割り込む場面が見られるなど、為替市場でドルは主要通貨に対して軟調推移となっていたが、米国株高などを背景にドル売りは一服。やや割高感が意識されて、金はさえない展開となった。

日足チャートでは、25日移動平均線(1174ドル水準)を上放れている。リバウンドを試す局面となっており、100日移動平均線(1244ドル水準)を意識した格好に。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均