市場ニュース

戻る
2017年01月24日13時59分

【経済】アパホテル騒動、中国外交部が「日本は責任回避」と批判


日本のホテルチェーン「アパホテル」の客室に「南京大虐殺」と「慰安婦」を否定する内容の書籍が置かれ、中国が反発している問題で、中国外交部の華春瑩報道官は23日、「日本政府が責任を回避しようとしている」と非難した。日本政府は言論の自由を口実に、「過度に歴史に焦点を当てるな」などの言い方で市民を誤った方向に導いていると指摘。「日本に対し、問題の深刻さを認識するよう促したい」と述べた。環球時報などが伝えた。
問題の書籍は、ホテルを運営するアパグループの元谷外志雄代表が執筆したエッセーをまとめたもの(英訳付き)。中国と韓国で反発の声が高まっているが、元谷氏は書籍の撤収を拒否している。
一連の騒動を受け、岸田文雄外相は22日、「日中関係は2000年の長い歴史がある。一時期の歴史に過度に焦点を当てることによって、歴史全体をとらえるのはいかがなものか」と不快感を示した。
これに対して華報道官は、「日本の一握りの人が歴史の罪をなかったことにしようとするほど、記憶はますます呼び覚まされる。これらの人の逆行は、中国民衆の強い憤りを引き起こした」と批判した。
環球時報が行ったインターネット調査によると、23日の時点で、回答者のうち98%が中国人によるアパホテルのボイコットを支持している。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均