市場ニュース

戻る
2017年01月24日12時17分

【市況】日経平均は小幅続落、前日に250円近い下落後の戻りとしては鈍い/ランチタイムコメント

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

 日経平均は小幅に続落。13.32円安の18877.71円(出来高概算9億1000万株)で前場の取引を終えた。米株安や円高が嫌気される格好から売り優勢の展開で始まった。ただし、前日に250円近い下落を見せた反動もあり、押し目買いの動きも意識されやすく、売り一巡後は上昇に転じる場面もみられている。

 東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1000を超えており、過半数を占めている。セクターでは銀行、電力ガス、保険、鉱業、証券、その他金融、輸送用機器が軟調。一方で、鉄鋼、海運、卸売、情報通信、非鉄金属が小じっかりだった。指数インパクトの大きいところでは、ソフトバンクG<9984>、日東電<6988>、アサヒ<2502>、アルプス電<6770>が堅調。

 日経平均は一時上昇に転じるなど、下げ渋りをみせている。TOPIXも小幅に下げており、午後は日銀のETF買い入れによる需給面での下支えが期待されよう。また、下げ渋りのなか、円相場も1ドル112円80銭辺りで小康状態をみせており、113円台を回復してくるようだと、安心感につながりそうである。

 もっとも、前日に250円近い下落後の戻りとしては鈍い。5日線が上値抵抗として意識されており、次第に戻り待ちの売り圧力も警戒されてくる可能性がありそう。ボリンジャーバンドは-2σ水準であり、ここから大きく下押す展開は考えづらいものの、戻りの鈍さが目立つようだと、短期筋の利食いも早まろう。明確なボトム形成待ちといったところである。(村瀬智一)
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均