市場ニュース

戻る

【テク】日経平均テクニカル:シグナル悪化、13週線での踏ん張りに期待


大幅反落。5日線を下回って始まると、その後は同線に上値を抑えられるなか、18900円を割り込んでいる。ボリンジャーバンドでは-1σを下回り、-2σとの攻防。一目均衡表では基準線に跳ね返される格好から、転換線を下回っている。これにより遅行スパンは実線を明確に割り込んできており、下方シグナルを発生させている。価格帯別出来高では商いが積み上がっていた19100-19300円処が上値抵抗として意識されていることもあり、節目の19000円割れで次第に戻り待ちの売り圧力が強まることになろう。18200-18400円処までは真空地帯であり、下へのバイアスが強まりやすい。まずは週間形状で支持線として意識されている13週線での踏ん張りに期待したいところ。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均