市場ニュース

戻る

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株ファイター:トランプ大統領誕生で円高へ

コメダ <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株ファイター」氏(ブログ「株ファイターの株報道」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

2016年1月21日13時に執筆

日本時間1月21日、トランプ米大統領就任式が行われた。
今回の演説ではアメリカ第一主義を強調しているのがよくわかる。
就任後は早くもTPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱を発表しているぞ。
また、過去には日本車が大量にアメリカに輸入されているのを不平等だ!と訴えたりしている。
これらの発言を踏まえると、超円高を誘導してくるのではと考えられるぜ。

・一般的に円高でメリットとなるのが輸入企業だ。
大豆やトウモロコシなどの輸入食料や輸入家具、紙・パルプなどの会社にメリットがある。
もちろん、旅行会社も円高メリット銘柄といえるだろう。
・逆に円高がデメリットな業界は輸出産業だ。
トランプ氏の保護主義的な政策で自動車業界などはかなりのダメージを受けることも考えられるぜ。

トランプ氏が大統領に就任することで恩恵を受ける企業もあることは間違いないな。
特に円高関連銘柄は恩恵が大きいとみた。

お勧め銘柄

<3543>コメダホールディングス
外食業界最強の収益力を持つ喫茶店とも言われているぜ。
営業利益率30%の秘密はフランチャイズ制にあると言われている。

円高で原材料のコストが下がればさらに儲かりそうだ。
株主優待もあるし、最注目している銘柄だ。

<9603>エイチ・アイ・エス

海外旅行を多く取り扱っている旅行会社だ。

円高によって海外旅行客も増えていくだろう。
なんといっても、去年12年ぶりに澤田社長が復帰したことが大きい。
ハウステンボスを再建し、ロボットなど最先端の技術も使っていく手腕に再び注目が集まってるぜ。

最後に、
ここ数日、日経平均株価は19000円台をなんとかキープしている状況だ
トランプ氏が大統領に就任した来週辺りから日経平均株価が20000円台に突入なんてことも考えられる。
そうなったら、しばらく円高の流れは食い止められそうにないぜ。
一喜一憂せず、うまく流れに乗って賢く銘柄を選定していこう。

今回挙げたテーマについて詳しく知りたいなら、【株ファイターの株報道】と検索してもらえればアンテナをビンビン張っている株ファイターの情報がいつでも観覧できるぜ。

話題のテーマ株であるIoT関連、人工知能関連、フィンテック関連、ドローン関連、自動運転関連、TPP関連、バラスト水処理関連、トランプ関連や個人的に注目しているリニア中央新幹線関連、ロボット関連、リチウムイオン電池関連、ZMP関連などの情報を無料で公開しているから、興味があったら【株ファイターの株報道】と検索してみてくれ。

----

執筆者名:株ファイター
ブログ名:株ファイターの株報道

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均