市場ニュース

戻る
2017年01月23日07時53分

【特集】ネクシィーズG Research Memo(3):エネルギー環境関連事業と電子メディア事業が2本柱

ネクシィーズ <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

(2)事業概要

ネクシィーズグループ<4346>の主力事業はエネルギー環境関連事業であり、成長著しいLEDを始めとする省エネ商材のレンタルサービス「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」、DNA解析に基づく健康コンサルティング業務、自社リースなどを含む。全社売上の63.7%(2016年9月期通期)、全社営業利益の74.9%(同)と全社業績をけん引する。(株)ネクシィーズ、(株)ネクシィーズ・ゼロ、(株)DiNaの業績が該当する。

電子メディア事業は、電子雑誌の制作受託及び広告販売業務、EC企業をサポート業務(サイト構築、運営、物流、翻訳など)、ゲーム事業などを展開する。全社売上げの21.5%(2016年9月期通期)、全社営業利益の21.3%(同)を構成する。ブランジスタ、2015年10月に設立されたブランジスタゲーム、ネクシィーズ・トレードの業績が該当する。
文化教育事業は、きもの着付け教室の運営、呉服・和装小物等の販売を展開する。全社売上げの14.8%(2016年9月期通期)、全社営業利益の3.8%(同)を構成する。(株)ハクビの業績が該当する。

文化教育事業は、きもの着付け教室の運営、呉服・和装小物等の販売を展開する。全社売上げの14.8%(2016年9月期通期)、全社営業利益の3.8%(同)を構成する。(株)ハクビの業績が該当する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均