市場ニュース

戻る

【材料】省電舎が連日ストップ高、太陽光発電設備メンテナンス事業の開始を引き続き材料視

省電舎HD 【日足】
多機能チャートへ
省電舎HD 【日中足】
 省電舎 <1711> [東証2]が昨日のストップ高に続き、本日も150円高と値幅制限いっぱいに買われている。18日、同社の子会社ドライ・イーが東芝ITサービス、NTTスマイルエナジーと組み、太陽光発電設備メンテナンス事業を開始すると発表したことが引き続き材料視された。

 固定価格買取制度がスタートしてから4年以上経過し、太陽光発電設備のメンテナンス需要が高まっていることが事業開始の背景。同社は顧客との契約主体となるとともに、通常メンテナンス以外の修繕工事を受託する。共同事業は3月からサービスを開始する予定。

 発表を受けて、太陽光発電設備メンテナンス事業への参入による業績への寄与に期待する買いが続いている。

株探ニュース

日経平均