市場ニュース

戻る
2017年01月19日14時02分

【市況】14時時点の日経平均は前日比189.14円高、東芝がストップ安寸前

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比189.14円高の19083.51円で推移している。後場ここまでの高値は13時45分の19085.34円、安値は12時43分の18982.13円。後場寄りで19000円台を割り込む場面が見られたが、短期的な動きに留まっており日経平均は19100円台回復を意識した格好。為替市場では、ドル・円が114円50銭台と円安基調は一服となっている。

全市場の売買代金上位銘柄では、7000億円まで損失は拡大する可能性と報じられた東芝<6502>がストップ安間近となっている。一方、任天堂<7974>が切り返す。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均