市場ニュース

戻る
2017年01月19日11時07分

【材料】郵船、商船三井など海運株が上昇、円安とバルチック指数上昇受け業種別値上がり率トップ

郵船 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など大手をはじめ海運株が軒並み上昇、業種別値上がり率でトップに買われている。

 足もと1ドル=114円台後半の推移と円安にふれているが、ドル建て決済の海運セクターにとっては円安が収益面で恩恵となる。また、海運市況が目先底入れの動きにあり、鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が前日18日時点で30ポイント高の952まで上昇、これも株価にポジティブに作用している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均