市場ニュース

戻る

【市況】11時の日経平均は213円高の1万9108円、ファナックが24.56円押し上げ

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 19日11時現在の日経平均株価は前日比213.75円(1.13%)高の1万9108.12円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は1613、値下がりは292、変わらずは96と、値上がり銘柄の割合が80%を超えている。

 日経平均構成銘柄はほとんどの銘柄が値上がりし、値下がりは9銘柄にとどまっている。プラス寄与度トップはファナック <6954>で、日経平均を24.56円押し上げている。次いでソフトバンク <9984>が18.07円、KDDI <9433>が8.29円、ファストリ <9983>が7.29円、ホンダ <7267>が6.98円と続いている。

 マイナス寄与トップは東芝 <6502>で、日経平均を1.7円押し下げ。次いでセブン&アイ <3382>が1.46円、ディーエヌエ <2432>が1.11円、昭和シェル <5002>が0.23円、国際石開帝石 <1605>が0.18円のマイナス寄与で続く。

 業種別では33業種中31業種が上昇し、下落は鉱業、石油・石炭の2業種のみ。値上がり率1位は海運で、以下、保険、銀行、電気・ガス、空運、輸送用機器と続いている。

 ※11時0分11秒時点

株探ニュース

日経平均