市場ニュース

戻る

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ごまお氏:第2のそーせいは、リプロセル

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ごまお氏(ブログ「ごまおファンド」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2017年1月18日に執筆

<<

個人投資家のごまおです。

2016年はバイオ銘柄のそーせい<4565>が年前半に大躍進しました。ワイが考える次のそーせいは、リプロセル<4978>です。


ワイのスクリーニング条件は、IPOが2000年以降で、海外売上比率が50%以上、さらに時価総額が1000億円以下とし、その中で売上が着実に伸びている銘柄としました。かつ、欧米の先進バイオ企業を買収した銘柄を選びます。

・・・・結果、リプロセルとでました。


リプロセルはiPS細胞関連を扱う銘柄であり、これらのバイオ産業は今後急激に成長する見込みがあるとされます。そーせいは長い間株価低迷期が続きました。リプロセルは現在その段階と考えます。将来の宝クジ銘柄としてリプロセルを買っておくのはどうでしょうか?年末に宝くじを買うよりも、可能性は高いと考えます。ワイも少額買い、現在様子見の段階です。

リプロセルの社長は東京大学の博士号取得者です。東大へ行き、なおかつ、バイオベンチャーでチャレンジする社長を応援したい気持ちもあります。


2017年もがんばれいにゃああああああああああああああああああ!


----

執筆者名:ごまお
ブログ名:ごまおファンド

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均