市場ニュース

戻る
2017年01月17日09時31分

【市況】日経平均は56円安でスタート、その後下げ幅広げ、節目の19000円を割り込む/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19038.45 (-56.79)
TOPIX  : 1525.87 (-4.77)

[寄り付き概況]

 日経平均は売り先行で始まり、その後節目の19000円を割り込んできている。英国のメイ首相の演説を控えていることも手掛けづらくさせよう。メイ首相は今後予定されている英国のEU離脱条件に関するEUとの交渉に関する重要な演説を行う。「ハードブレグジット」への懸念から為替相場の変動要因になりやすく、円相場は1ドル113円台に。225先物は一気に19000円を割り込むと、その後18910円まで下げ幅を拡大させている。

 セクターでは海運を除き32業種が下げており、銀行、ガラス土石、情報通信、機械、ゴム製品、証券、建設、食料品の弱さが目立つ。売買代金上位では、メガバンク3行のほか、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>が軟調。

 一方で、任天堂<7974>、Gnosy<6047>が堅調。
《SK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均