市場ニュース

戻る
2017年01月16日14時06分

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株ファイター:2017年収支・大幅プラススタートを狙う新春銘柄

鳥貴族 <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株ファイター」氏(ブログ「株ファイターの株報道」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

2017年1月7日18時に執筆

株式市場が開いてからすでに3日が経過したな。
まだ、大幅に収支を増やしている個人投資家は多くないはずだぜ。

酉年である今年の相場でキーになってくるのは、今年も去年と同じ相場格言「申酉騒ぐ」を引き継ぐこともあって、鳥関係だ。
過去の統計・経験から鳥関係はエキサイトしている。

酉年だから鳥関係とシャレで言っているわけではないんだぜ。
酉年にちなんで各飲食店が鳥を使ったキャンペーンを打ち出していることで、売上増加に繋がってくる。
既に、飲み放題と焼き鳥食べ放題のセット2900円などキャンペーンをしている飲食店を街で見かけているぞ。
こういったキャンペーンが今後増えることが予想できる。
しかも今年は「平成29年」と肉(ニク)のゴロが被さってきていることから、鳥関係に注目していいはずだ。

<3193>鳥貴族
焼き鳥をメインとするチェーン店として近年店舗数を拡大している企業だ。
なんといっても魅力的なのが、全メニューを280円で統一しているコスパの良さだろう。

さらに今月は株主優待権利確定月となっており、株価上昇に期待できるぞ。

その他にも、騒ぐと言えば去年数々の発言で世間を賑わしたトランプ氏だろう。
今月20に日大統領就任式があることから注目していた方がいいだろう。
トランプ氏に関連して一目置いている銘柄は多々あるが、そのなかでもインフラ関連に焦点を合わせていきたい。

<6301>コマツ
トランプ氏が過去に「日本は円安に誘導している。私の友人は米キャタピラー社の代わりにコマツの建設機械を買った」と発言している。
インフラ老朽化は米国でも深刻な問題になっており、このような発言をしているトランプ氏の頭の中でコマツの存在は大きいはずだ。
また、この発言により米国全土にコマツの名前が知れ渡ったことも事実だろう。

最後に、
2017年はまだ始まったばかりだが、米大統領となるトランプ氏の就任式以外にもフランスで大統領選が4~5月に予定されている。
ドイツでは連邦議会選挙が9月にあるなど、今年はより世界の情報もしっかり頭に入れていた方がよさそうな年になりそうだぜ。

今回挙げたテーマについて詳しく知りたいなら、【株ファイターの株報道】と検索してもらえれば、アンテナをビンビン張っている株ファイターの情報がいつでも観覧できるぜ。

話題のテーマ株であるIoT関連、人工知能関連、フィンテック関連、ドローン関連、自動運転関連、TPP関連、バラスト水処理関連、トランプ関連や個人的に注目しているリニア中央新幹線関連、ロボット関連、リチウムイオン電池関連、ZMP関連などの情報を無料で公開しているから、興味があったら【株ファイターの株報道】と検索してみてくれ。

----

執筆者名:株ファイター
ブログ名:株ファイターの株報道

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均