市場ニュース

戻る

【材料】グリーンペプタイがカイ気配スタート、非小細胞肺がんを適応症とするペプチドワクチンの開発を開始

グリンペプ <日足> 「株探」多機能チャートより
 グリーンペプタイド<4594>がカイ気配スタートとなっている。前週末9日の取引終了後、神奈川県立病院機構が有する特許「上皮成長因子受容体(EGFR)のT790M点突然変異に由来する抗原ペプチド」の譲渡を受けて、非小細胞肺がんを適応症とするネオアンチゲン(遺伝子変異抗原)ペプチドワクチンの開発を開始すると発表しており、パイプライン強化につながるとの期待感から買いが入っている。

 現在、肺がんの8割以上を占めるとされる非小細胞肺がんについては、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)が有効な治療薬となっているが、多くの患者は治療開始後1~1年半ほどで耐性が生じ、病勢が進行しているという。同社では、このEGFR-TKIに耐性が生じた患者の約6割に、EGFR-T790M点突然変異(二次変異)という遺伝子変異が生じていることから、今回、EGFR-TKI耐性遺伝子変異を抗原(ネオアンチゲン)とするペプチドワクチンを開発するとしており、17年中の臨床試験入りを目指している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均