市場ニュース

戻る
2016年12月02日19時13分

【為替】欧州為替:トルコリラ・円急落、大統領が利下げに圧力

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 ドル・円は113円60銭まで下落し、ユーロ・円も121円00銭まで下落した。米国10年債利回りが2.42%台推移し、ドル買いが後退していることや、欧州主要株価が軒並み下落していることで円の買い戻しが優勢になっている。


 そうしたなか、トルコリラ・円が32円40銭台から一時32円20銭台まで急落した。エルドアン大統領が「利下げするほか解決法はない」、「高金利は金融セクターのみに利益をもたらす」と述べたことが要因。トルコ中銀は11月24日、市場の予想に反し、1週間物レポ金利と翌日物貸出金利の引き上げに踏み切った。エルドアン大統領の発言が中銀への圧力と受け止められれば、今後トルコの格下げにつながる可能性もある。


 ここまでのドル・円の取引レンジは113円60銭から114円02銭、ユーロ・円は121円00銭から121円60銭、ユーロ・ドルは1.0650ドルから1.0678ドルで推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均