市場ニュース

戻る
2016年12月02日14時46分

【市況】米系大手証券、「トランプ・ラリー」、ここまでの展開と今後の投資戦略

 JPモルガン証券は11月28付の日本株ストラテジーで、“「トランプ・ラリー」、ここまでの展開と今後の投資戦略”とのタイトルで、以下のような見解を掲載している。

 「トランプ・ラリー」のなかでの日本株好調の背景には、米国長期金利の上昇があると見られる。米国長金利の上昇ペースは速く、短期的には速度調整は不可避であろう。ただし、足元での米国長期金利の上昇はやや期待先行の面があるものの、景気回復やFRBによる利上げの確度の高まりといった実体にも根差している。

 速度調整をはさみつつ、日本株のアウトパフォーム基調は続く可能性が高い。物色面では一部業種に過熱感が生じており、ローテーションが望ましい。「リフレ関連」は総じて強気継続。外需では、これまで好調を続けてきた「新興国関連」、「商品市況関連」から「米国関連」へのシフトが有望と考えている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均