市場ニュース

戻る
2016年12月02日13時16分

【経済】パキスタン港湾に中国海軍が駐留か、米印は警戒


パキスタンのグワダル港を防衛するため、中国海軍が艦艇を駐留させることを決めた。同港は中国が建設を支援したもの。中国メディアが1日、外電を引用する形で伝えた。
中国国防部の楊宇軍報道官は11月30日の会見で、中パ両軍の密接な交流を強調。ただ、艦艇の派遣については「そのような情報は聞いていない」と述べた。
一方、26日付のインド紙は「中国による重大な政策転換」と報道。「米国とインドが警戒するため、中国はこれまで、グワダル港への艦艇派遣計画に言及しなかった」と伝えている。
パキスタン海軍筋によると、アラビア海沿岸のグワダル港周辺では現在、パキスタン海軍の艦艇2隻が警備を行っている。中国艦艇の派遣後、両国海軍が共同で防衛に当たる見込みという。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均