市場ニュース

戻る
2016年12月02日10時29分

【材料】東京ドームが朝安後切り返す2~10月営業利益横ばいと報じられるも健闘との見方

東京ドーム <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京ドーム<9681>が朝安後切り返し、プラス圏で推移している。きょう付の日本経済新聞で「2016年2~10月期の連結業績は、営業利益が前年同期比横ばいの110億円弱になったようだ」と報じられたが、17年1月期通期営業利益予想は117億円(前期比8.1%増)であることから、健闘しているとの見方が強まっているようだ。

 記事によると、東京ドームを使ったコンサートなどイベント利用は好調だったが、団体客に人気があり、稼働率が高かった熱海後楽園ホテルの一部を8月末に閉館したため利益が伸び悩んだという。ただ、これらは業績予想に織り込み済みとみられ、一方でプロ野球巨人軍のクライマックスシリーズは織り込まれていないことから、業績見通しに対する期待感につながっているようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均