市場ニュース

戻る
2016年12月02日10時01分

【市況】10時時点の日経平均は前日比107.74円安、米雇用統計への期待感VSイタリア国民投票への警戒感

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比107.74円安の18405.38円で推移している。米国株は高安まちまち、ドル買いも一服となったことから、日経平均は反落でスタート。寄付き以降は、18400円前後で下げ渋っている。為替市場では、ドル・円が113円60銭台と朝方比では40銭ほど円高に推移。一部市場関係者は「米雇用統計に対する期待感と、週末のイタリア国民投票に対する警戒感がぶつかっているが、今のところ方向性は見えない」と指摘している。

TOPIXコア30銘柄では、JT<2914>、ソニー<6758>、デンソー<6902>、NTT<9432>、KDDI<9433>がさえない。一方、パナソニック<6752>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>、野村<8604>が買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均