市場ニュース

戻る
2016年12月02日09時32分

【市況】日経平均は77円安でスタート、円安一服などもあり利益確定の流れが先行/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 18435.55 (-77.57)
TOPIX  : 1480.24 (-3.03)

[寄り付き概況]
 日経平均は反落して始まった。原油相場が節目の50ドルを回復したものの、1日の米国市場ではハイテク株が売られ、高安まちまち。シカゴ日経225先物は大阪比40円高の18440円だったが、現物指数とは昨日の大引け時点で逆ザヤだったこと、円相場は1ドル113円台と円安が一服をみせており、利益確定の流れが先行しているようだ。

 もっとも、米国ではトランプ物色が継続していることもあり、セクターでは銀行が上昇率トップ。証券、石油石炭、海運、卸売、保険、非鉄金属、輸送用機器が小じっかり。一方で、金属製品、水産農林、ゴム製品、鉱業、電気機器、精密機器、その他製品が冴えない。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均