市場ニュース

戻る
2016年12月01日16時48分

【特集】ラクス Research Memo(6):期初の増収増益計画を据え置き、17年連続増収へ

ラクス <日足> 「株探」多機能チャートより

■業績動向

(2) 2017年3月期の業績予想

ラクス<3923>の2017年3月期通期の業績予想は、期初の値が据え置かれた。売上高で前期比17.3%増の4,782百万円、営業利益で同3.5%増の812百万円、経常利益で同5.0%増の816百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同8.9%増の573百万円と増収増益を見込む。第2四半期を終えた段階で売上高の進捗率が48.9%となっており、同社の売上が積み上がっていくビジネスモデルからすれば、通期の目標達成には余裕がある。各利益に関しては、広告など投資次第であり、決算に向けたコントロールが可能であるという観点で、懸念材料はない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均