市場ニュース

戻る
2016年12月01日15時39分

【為替】外為サマリー:一時1ドル114円台を割り込む、利益確定売りが強まる

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 1日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=114円00銭前後と前日午後5時時点に比べ1円20銭強の大幅なドル高・円安。ユーロは1ユーロ=121円00銭前後と同1円20銭強のユーロ高・円安で推移している。

 ドル円は午前8時過ぎに一時114円83銭まで急伸したが、午前9時以降は売り優勢の展開。石油輸出国機構(OPEC)総会での減産合意を受け、リスクオンによるドル買い・円売りが膨らんだが、115円ラインに接近するとともに利益確定売りが膨らみ、午後2時過ぎに一時113円86銭まで売られる場面があった。今晩は米11月ISM製造業景況感指数の発表があるほか、あすは米11月雇用統計が予定されており、様子見姿勢も強まっているようだ。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0614ドル前後と前日に比べ 0.0008ドル前後のユーロ安・ドル高で推移している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均