市場ニュース

戻る
2016年12月01日09時18分

【材料】アイリッジが急反発、飛騨信組と共同でブロックチェーン技術を活用した電子地域通貨を商用化へ

アイリッジ <日足> 「株探」多機能チャートより
 アイリッジ<3917>が急反発している。11月30日の取引終了後、飛騨信用組合(岐阜県高山市)と共同で、ブロックチェーン技術を活用した電子地域通貨のプラットフォームを導入すると発表しており、成長力強化につながるとの期待感から買いが入っている。

 金融機関による地域通貨の電子化としては業界初となるこの試みは、ブロックチェーン技術を活用し、セキュリティーを確保しながら、システム投資コストの低減を可能とする利便性の高い金融サービスを実現するのが狙い。第1弾として、来春にも飛騨信用組合の職員を対象とし、「さるぼぼ倶楽部コイン(仮称)」を導入し、商用化に向けた実証実験を行うとしており、同実証実験を通じて、技術やセキュリティー、法制度や運用面における課題を抽出・検証。来夏には、スマートフォン上で利用できる、地域住民や訪日外国人向けに提供する電子通貨として、実現を目指すとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均