市場ニュース

戻る
2016年12月01日09時10分

【材料】三菱UFJなどメガバンクが活況高、米財務長官決定で米株市場の金融株高が波及◇

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>がカイ気配で始まったほか、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクが揃って買いを呼び込んでいる。前日の米国株市場では、金融規制緩和推進の意向を示すムニューチン氏が財務長官に選出され、氏の出身企業でもあるゴールドマン・サックスが3.6%高と急伸するなど金融株が買われた。この流れが、東京市場にも波及した。PBRの低さや配当利回りの高さなど株価指標面からの割安さに加え、テクニカル的にもここ中段でもみ合っていたメガバンク株は売り物がこなれており、海外マネーの流入期待が膨らんでいる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均