市場ニュース

戻る
2016年12月01日08時52分

【材料】アイリッジ---ブロックチェーン技術を活用した電?地域通貨地域創生の取り組みとして岐阜県飛騨地域で商用化

アイリッジ <日足> 「株探」多機能チャートより

アイリッジ<3917>と飛騨信?組合は、フィンテックソリューションによる地方創?の取り組みとして、スマートフォンアプリを活?した電?地域通貨のプラットフォームを導入すると発表。第一弾として来春、飛騨信?組合の職員を対象とし、「さるぼぼ倶楽部コイン(仮称)」を導入し、商?化に向けた実証実験を行い、来夏の実現予定である。「さるぼぼ倶楽部コイン(仮称)」は地域限定で利?できる地域通貨で、地域住民や訪日外国人向けに提供する電?通貨である。

両社は、地域に密着した?融機関との協業による、地域創?のためのフィンテックソリューションを深化させ、決済や売上データの見える化により、ビッグデータマーケティングを推進し、データの活?をさらに深化させ、地域経済活性化を目的としたトランザクションレンディング(売買や資?決済、顧客評価などの取引履歴を利?して審査をする融資)など、次世代フィンテックサービスを展開していく予定。各自治体の特性や課題に即したソリューションを提案・提供することで、地域経済活性化に貢献していくとしている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均