市場ニュース

戻る
2016年11月30日12時19分

【材料】エボラブルアジア---東証1部への市場変更に向け主要株主の株式売却を実施

エボラブルA 【日足】
多機能チャートへ
エボラブルA 【日中足】


エボラブルアジア<6191>は29日、東京証券取引所第1部への市場変更へ向け、流動性向上を目的にした同社主要株主の株式売却を発表。

主要株主である取締役会長の大石崇徳氏と、代表取締役社長の吉村英毅氏の資産管理会社である吉村ホールディングスの、両者合計72万株、発行済株式総数に対し4.3%にあたる株式売却を実施した。

同社は、マザーズ市場から東証1部への市場変更を予定し、11月14日には本則市場への変更申請を2017年9月期中に行うと発表。今回の株式売却は、東証1部における形式案件である流通株式比率への充足を図るため。

同社は、One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショア開発事業を展開している。特に国内航空券の取扱高はオンライン旅行業界において最大手。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均