市場ニュース

戻る
2016年11月30日06時44分

【市況】NY原油:大幅反落で45.23ドル、加盟国の足並みそろわず一時45ドル割れ


NY原油は大幅反落(NYMEX原油1月限終値:45.23↓1.85)。高値は23時38分の45.63ドル、安値は1時19分の44.82ドル。ウィーンで開催される石油輸出国機構(OPEC)での総会において、加盟国のインドネシアは減産に消極的との報道が伝わった。減産合意の枠組み成立に対する不透明感から、節目の45ドルを割り込む場面も見られた。


日足チャートでは、200日移動平均線(44.3ドル水準)がサポートラインとして意識されるか注目。総会内容は日本時間1日早朝に伝わるとの公算だが、上下に大きく振れる展開となろう。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均