市場ニュース

戻る
2016年11月29日17時56分

【為替】明日の為替相場見通し=OPEC総会の結果待ちで様子見姿勢も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、112円台を中心とする往来相場が続きそうだ。予想レンジは1ドル=111円80~113円00銭。

 この日は、朝方に一時111円60銭台までドル安・円高が進む場面があったが、午前10時以降は112円前後でのもみ合いが続いた。あすは石油輸出国機構(OPEC)総会が開催される。その結果が判明するのは、翌日の12月1日とみられており、あすは様子見姿勢が強まる状況が予想される。今晩は米7~9月期GDP改定値、あすは国内で10月鉱工業生産の発表が予定されている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均