市場ニュース

戻る
2016年11月29日14時32分

【材料】コロナが年初来高値更新、気温低下でウインターストックとして頭角現す

コロナ <日足> 「株探」多機能チャートより
 コロナ<5909>が続伸で年初来高値を更新した。11月中旬以降は上値追い基調が鮮明。同社はファンヒーターなどの石油暖房機器の大手であり、都心でもここにわかに気温が下がるなかウインターストック関連として頭角を現している。

 実際、「足もとの暖房機器の販売は好調な売れ行きで、業績上振れの可能性がでてきた」(中堅証券)という。17年3月期は8.5%増収で営業利益は前期比3.8倍の21億円を会社側では見込んでいるが、数億円の上乗せ余地が指摘されている。PBR0.5倍とバリュー株としての素地も評価材料。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年11月29日 14時40分

【関連記事・情報】

日経平均