市場ニュース

戻る
2016年11月29日08時48分

【為替】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆イタリアの国民投票の行方が注目されるなか、主に118円台で推移か

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。ただし、1.1616ドル(2016/05/03)まで戻している。ユーロ・円は、141円06銭(2015/6/04)から122円06銭(2016/3/1)まで下げた後、128円22銭(2016/3/31)まで買われたが、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落した。その後120円16銭(2016/11/25)まで反発している。

本日のユーロ・円は、主に118円台で推移か。イタリアの国民投票の行方が注目されているが、憲法改正が否決されても政権は崩壊しないとの思惑が浮上している。投機的なユーロ売りが急拡大する可能性は低いとみられており、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロは118円台前半で下げ渋る展開が予想される。


【ユーロ売り要因】
・ユーロ圏と米国の金利差拡大観測
・欧州中央銀行(ECB)は2017年3月以降も量的緩和策を維持する可能性
・イタリア国民投票の結果次第で金融危機発生のリスク


【ユーロ買い要因】
・ユーロ圏の失業率は低下基調
・ECBの預金金利は-0.4%が下限となる可能性
・ユーロ圏のインフレ鈍化の可能性低下

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均