市場ニュース

戻る
2016年11月16日12時25分

【材料】ビッグデータ時代到来で脚光を浴びる光ファイバ関連銘柄、SMBC日興証券(花田浩菜)

古河電 <日足> 「株探」多機能チャートより

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

光ファイバケーブルの出荷が、今年に入って急増しているそうです。その背景には、IoT・ビッグデータの利用拡大による通信量の急増があるとのこと。それに関するレポートが11/16付けの「Daily Outlook」に掲載されています。

同レポートによれば『世界最大の光ファイバ需要国である中国では(中略)光ファイバ網の整備などインターネットの高速化に3年間(15~17年)で計約1兆1300億元(約21兆円、発表時)を投資すると発表。今年3月に開催された全人代でも今年の重点活動項目に光ファイバケーブルの敷設が盛り込まれた』とのこと。

また米国でも『フェイスブックやグーグル等が、米大陸・アジア間で最大容量となる海底ケーブルを香港・ロサンゼルス間に敷設する計画を発表している』とのことで、『光ファイバの需要は当面拡大が続くと予想される』と伝えています。

足元では『光ファイバ製品は日本企業の市場シェアが比較的高く、古河電<5801>と住友電<5802>、フジクラ<5803>の3社は世界有数である』とのこと。同レポートではこの3社も含め、主な光ファイバ関連銘柄として6社を取り上げて紹介していますので、よろしければご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《FA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均