市場ニュース

戻る
2016年11月15日11時25分

【材料】寺崎電気が4日続伸、17年3月期営業利益18億1000万円への下方修正も円安で下期回復期待

寺崎電気 <日足> 「株探」多機能チャートより
 寺崎電気産業<6637>が4日続伸。同社は14日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上高を397億1000万円から338億3000万円(前期比14.1%減)へ、営業利益を25億円から18億1000万円(同50.6%減)へ、純利益を18億4000万円から16億4000万円(同40.1%減)へ下方修正した。

 機器製品が中近東やオセアニア地域などで需要が低迷、システム製品では中国造船市場の停滞による新規物件の減少や納期繰延が見込まれることが要因。下期の前提為替レートは1ドル=100円、1ユーロ=110円、1ポンド=130円、1豪ドル=76円に設定しているが、この日は1ドル=108円台まで円安が進んでいることもあり、下期からの業績回復への期待が高まっている。

 あわせて発表した第2四半期累計(4~9月)の連結決算は売上高150億6700万円(前年同期比19.8%減)、営業利益4億1200万円(同66.4%減)、純利益3億1100万円(同66.9%減)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年11月15日 11時26分

【関連記事・情報】

日経平均