市場ニュース

戻る
2016年11月15日09時40分

【材料】竹内製作が大幅高で10カ月ぶり新高値が射程、北米インフラ拡大と円安加速の恩恵

竹内製作所 <日足> 「株探」多機能チャートより
 竹内製作所<6432>が大幅高で一時2400円台を回復、今年1月4日の年初来高値2468円を10カ月ぶりに射程圏にとらえている。

 売上高の97%を海外で稼ぐ異色の建機メーカーで北米向けの売上比率も高い。インフラ投資拡大を謳うトランプ次期政権下で商機拡大の思惑が浮上しているほか、為替の動向も輸出採算面に大きな影響を与える。ここ対ドルで円安が加速しており、足もとは1ドル=108円台までドルが買われている。これを背景とした輸出採算の改善期待が株価に浮揚効果を与えている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均