市場ニュース

戻る
2016年11月09日18時01分

【為替】明日の為替相場見通し=トランプ氏勝利で値の荒い展開に

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、トランプショック後の落ち着き処を探る展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=103円00~104円50銭。

 市場が注視した米大統領選は、市場予想を覆し共和党のトランプ候補が、民主党のクリントン候補に対し勝利した。「トランプショック」の直撃を受け、ドル売り・円買いが殺到。午前10時に105円台だったドル円相場は、午後2時には101円10銭台まで急落した。ただ、その後は下値に買いが流入し午後5時以降に103円半ばまで値を戻した。

 今後の展開に関して、市場には不透明感が広がっている。トランプ氏がこれまで打ち出した政策をどこまで実現できるかが注目される。また、新政権の布陣を含めトランプ氏の発言が大きな関心を集めそうだ。当面は、荒い動きが予想され103円半ばを中心に50銭前後の値幅での展開が予想される。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均