市場ニュース

戻る
2016年11月09日10時26分

【材料】日コンクリが大幅続落、コンクリートパイル需要が想定下回り17年3月期業績予想を下方修正

日コン <日足> 「株探」多機能チャートより
 日本コンクリート工業<5269>が大幅続落。8日の取引終了後、17年3月期の連結業績予想について、売上高を380億円から345億円(前期比5.5%増)へ、営業利益を18億5000万円から12億円(同13.7%増)へ、純利益を14億5000万円から9億円(同9.1%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 国内の需要低迷とそれに伴う受注競争の激化を受けて、コンクリートパイル出荷が計画を下回っていることに加えて、電力会社向けコンクリートポール出荷も計画を下回って推移していることが要因という。また、生産量が計画を大幅に下回ったことで工場の採算が悪化したことも利益を悪化させた。

 業績予想の修正に伴い、従来4円を予定していた期末配当を3円に引き下げるとあわせて発表しており、これも弱材料視されているようだ。年間配当は6円(従来予想7円)となる。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均