市場ニュース

戻る
2016年11月07日22時06分

【為替】欧州為替:ドル・円は104円63銭まで上昇後、104円25銭まで下落

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 7日のロンドン外為市場では、ドル・円は104円63銭まで上昇した後、104円25銭まで下落した。米大統領選でのトランプ・リスクへの懸念後退で、欧州主要株価指数が軒並み大幅高となるなか、ドル買い・円売りが先行。その後、米国10年債利回りの低下にともない(一時1.8065%)、ドル売りが優勢になった。


 ユーロ・ドルは1.1049ドルまで下落した後、1.1074ドルまで反発。ドル買いに押された後、対ポンドでユーロ買いが波及した。ユーロ・円は115円66銭まで上昇した後、115円37銭まで下落した。


 ポンド・ドルは、1.2382ドルまで下落した後、1.2433ドルまで上昇。英国の8-10月ハリファックス住宅価格の前年比伸び鈍化を材料に、一時ポンド売りになった。ドル・スイスフランは0.9790フランに上昇した後、0.9750フランまで下落。スイスの10月消費者物価指数が予想に反してマイナスとなり、一時フラン売りになった。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均