市場ニュース

戻る
2016年11月07日18時28分

【テク】日経平均テクニカル:価格帯別出来高の商いが膨れている水準は割り込まず


 


大幅反発。マドを空けての上昇から、25日線を回復している。上値は5日線に抑えられる格好だったが、下ひげを残す格好で25日線を支持線としていた。ボリンジャーバンドでは+1σと中心値(25日)とのレンジに移行。先週陰転したパラボリックは、SAR値は17400円辺りに位置しており、陽転のためのハードルはそれ程高くない状況。一目均衡表では転換線レベルまで回復。週足では先週割り込んだ雲下限を回復している。遅行スパンは日足、週足いずれも上方シグナルが継続している。週間形状での価格帯別出来高では16700-17000円レベルで商いが膨れているが、これを割り込まずに切り返した格好である。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均