市場ニュース

戻る
2016年11月07日16時12分

【特集】パイプドHD Research Memo(2):情報資産管理のためのプラットフォーム「SPIRALR」を展開

パイプドHD <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社沿革

パイプドHD<3919>は2015年9月1日付でパイプドビッツから単独株式移転によって設立された純粋持株会社であり、2016年10月3日現在で連結子会社10社、持分法適用関連会社1社、その他出資会社3社を有している。しかし依然としてパイプドビッツが同社グループの中核会社であるため、以下の沿革及び事業内容はパイプドビッツについて記載する。

(1)沿革

パイプドビッツは、現パイプドHDの代表取締役社長である佐谷宣昭(さたにのぶあき)氏によって2000年4月に設立された。多くの企業にとって、その顧客の属性やメールアドレスなど、事業上知り得たデータは重要な「情報資産」であり、これらの「情報資産」を安全に預かると同時に有効利用するサービスを事業として開始した。この事業を行うために自社開発したのが、情報資産管理のためのプラットフォーム「SPIRALR」である(詳細後述)。その後、この「SPIRALR」を中心に各種のアプリケーションを開発し、これらの応用事業を展開しつつ現在に至っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均