市場ニュース

戻る
2016年11月07日15時09分

【材料】きちり---1Q売上高8.6%増、プラットフォームシェアリング事業の拡大に注力

きちり <日足> 「株探」多機能チャートより

きちり<3082>は4日、2017年6月期第1四半期(16年7-9月)決算を発表。売上高が前年同期比8.6%増の21.29億円、営業利益が同72.8%減の0.36億円、経常利益が同73.8%減の0.35億円、四半期純利益が同85.8%減の0.12億円だった。

KICHIRIブランドの更なる認知度向上を企図し、付加価値の高い料理の開発や「おもてなし」の更なる向上に取り組んでいる。また、プラットフォームシェアリング事業については、株式会社ダイナック、株式会社フィスコ仮想通貨取引所及び株式会社湘南ベルマーレとの業務提携により、多様性を備えた事業に成長している。プラットフォームシェアリング事業の拡大に引き続き注力する。

17年6月期通期については、売上高が前期比18.3%増の95.00億円、営業利益が同29.9%増の5.50億円、経常利益が同29.7%増の5.50億円、当期純利益が同28.7%増の3.30億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均